相続人が行方不明

TOP

 > 

手続き一覧

 > 

相続人が不明・認知症

 > 相続人が行方不明

相続人が行方不明に関する費用

費用例10万円から

相続人が行方不明

相続手続きでは基本的に相続人全員が関与しなければならないのですが、相続人の中で連絡が取れない人がいる、というのは時々みられるケースです。

単に住所が分からないというのであれば、若干の費用加算で住所をお調べするは可能です。

問題は、住民票上の住所に住んでおらず全くの行方不明者がいる場合には相続手続きはかなり難航いたします。

不動産登記・預貯金の口座凍結解除には相続人全員の同意(遺産分割協議)を行う必要があり、行方不明者を除いて相続手続きをすることが出来ないのです。

このような場合には、行方不明者の代わりに「不在者の財産管理人を選ぶ」という方法があります

これは、裁判所に申立てを行い、適任者(財産管理人)を選任してもらいます。その選ばれた財産管理人が行方不明に代わって相続手続きをすることになるのです。

財産管理人は行方不明者の財産保護を一番に考えるので、遺産分割をしようと思った場合は、基本的に行方不明者の不利益にならないような内容にしなければなりません。

具体的には、遺産分割協議書の案を作って裁判所にお伺いを立てるのですが、その際には「最低限、不在者の法定相続分(民法で決まった取り分)だけは確保しなければならない」というルールがあります。

不在者の財産管理人の申立てには多くの時間と費用が必要となってきます。 できるだけ早く専門家にご相談されお手続きされた方が良いでしょう。

当センターでも「不在者の財産管理人選任申立てのサポート」をさせていただいておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

手続きの費用について

まずは無料相談から

こんな方へ

こんな方は
相続人が行方不明の場合のご相談と手続きをオススメします

  • 行方不明者がいるがどうしてよいかわからない
  • 不動産の名義を早く変更したい
  • 難しい裁判所への手続きを頼みたい
我々の手続きが選ばれる理由

我々の手続きが選ばれる理由

スタッフの写真
  • 1住所不明の場合は安価で対応
  • 2不在者の失踪状況に応じた適切なお手続き
  • 3不在者財産管理人の申立てをサポート
  • 4失踪宣告の申立てをサポート
  • 5裁判所の書類作成からその後の対応、
    不動産登記まで豊富な経験で全てお任せ

ご依頼の流れ

STEP
1

お問合せ

お電話やメールでお問合せください。
ご相談の予約や
簡単なご質問にお答えします。

STEP
2

無料相談と
お見積り

丁寧にお話しをお伺いいたします。
お見積りも提示させて
いただいております。

STEP
3

ご依頼

十分に納得されてからご依頼下さい。
着手金は不要です。
(ただし事案による)

STEP
4

お手続き

必要書類の取得から重要書類の作成
司法書士ヤマトに
全てお任せください。

STEP
5

事件完了~
お引渡し

完了書類の取得~検査~お引渡し
登記申請完了後の
お手続きも全てお任せ

STEP
6

残金の
お支払い

お振込み又は現金でお支払い下さい。
※お引きし前になる場合もございます。

お問い合わせ

まずは無料相談へ。
お気軽にお問合せください。

06-6442-1058

年中無休で全力対応 9:00-20:00

メールでの
お問い合わせはこちら