相続人が未成年者

TOP

 > 

手続き一覧

 > 

相続人が不明・認知症

 > 相続人が未成年者

相続人が未成年者に関する費用

費用例5万円から

相続人が未成年者

若くして亡くなった方などの相続では、まだ相続人が未成年者ということもあります。

普通、未成年者の法律的な行為は親が代理するのですが、親子が両方とも相続人になっている場合、親権者が好き勝手に遺産分割をして「自分が遺産すべてを取得する」などの内容にしてしまうと子供の利益が害されることになります。

そこで、子供を保護する制度として「特別代理人」と呼ばれる人を選ばなければ遺産分割協議ができないことになっているのです。

たとえば父が亡くなって母と子供が相続人になっているとすると、両者の利益がぶつかっている関係ですので、母以外の人を1人、子供の特別代理人として選びます。

もし、未成年の子供が2人いるとすると子供同士の利益もぶつかっているので2人の特別代理人が必要となります。

ただ、父と母が離婚して母が親権を取った状態で父が亡くなったということであれば、母自身には相続権がないため、母は子供1人分の代理はすることはできます。

具体的には家庭裁判所に申立てをしなくてはならないのですが、選任すべき人数や申立書類の作成などは専門家に相談する方が間違いなく進められるでしょう。

手続きの費用について

まずは無料相談から

こんな方へ

こんな方は
相続人に未成年者がいる場合のご相談と手続きを
オススメします

  • 相続手続をしたいが未成年の子供がいる
  • 子供にどのように相続させるべきかわからない
  • 裁判所への手続きを頼みたい
我々の手続きが選ばれる理由

我々の手続きが選ばれる理由

スタッフの写真
  • 1相談は何度でも無料
  • 2将来を見越した最善の分割方法をご提案
  • 3特別代理人として適切な人をアドバイス
  • 4面倒な戸籍等の書類収集も代行
  • 5裁判所の書類作成からその後の対応、
    名義変更登記まで豊富な経験で全てお任せ

ご依頼の流れ

STEP
1

お問合せ

お電話やメールでお問合せください。
ご相談の予約や
簡単なご質問にお答えします。

STEP
2

無料相談と
お見積り

丁寧にお話しをお伺いいたします。
お見積りも提示させて
いただいております。

STEP
3

ご依頼

十分に納得されてからご依頼下さい。
着手金は不要です。
(ただし事案による)

STEP
4

お手続き

必要書類の取得から重要書類の作成
司法書士ヤマトに
全てお任せください。

STEP
5

事件完了~
お引渡し

完了書類の取得~検査~お引渡し
登記申請完了後の
お手続きも全てお任せ

STEP
6

残金の
お支払い

お振込み又は現金でお支払い下さい。
※お引きし前になる場合もございます。

お問い合わせ

まずは無料相談へ。
お気軽にお問合せください。

06-6442-1058

年中無休で全力対応 9:00-20:00

メールでの
お問い合わせはこちら