売却の手数料を節約

TOP

 > 

手続き一覧

 > 

相続した不動産の手続き

 > 売却の手数料を節約

不動産を売却の手数料を節約に関する費用

費用例まずは無料相談から

売却の手数料を節約

不動産売却の際に大きな出費となるのが仲介手数料です
この手数料は宅建業法に上限額が定められているのですが、多くの業者が上限ぎりぎりに設定しているのが現状です。

所定の計算式にあてはめると、3000万円の物件であれば上限で103.68万円の手数料がかかりますので結構馬鹿にならない金額といえます。

この仲介手数料については、よほど小さい会社であって社長の承認がするもらえるような場合でない限り値下げ交渉は難しいかもしれません。ただ、状況によって値下げできるとすれば次のようなケースです。

仲介には、売主と買主が同じ会社に依頼する場合(業界用語で「両手」)、それぞれ別々の会社に依頼する場合(同じく「片手」)があり、両手であればもともと会社の儲けはかなり大きくなるので若干、サービスしてもらえる余地もあるでしょう。

ただ、不動産会社は表面的に見ればそれほど動いていないように見えるでしょうが、扱うモノの価値の大きさから重い責任を負っていること、客から見えていないところでの仕事が意外と多く、そこまで価格と仕事が見合っていないわけではないということは覚えておきたいものです。

手続きの費用について

まずは無料相談から

こんな方へ

こんな方は
売却費用を抑えるためのご相談をオススメします

  • 見積を見ても意味がよくわからない
  • 最初に問い合わせた業者が高く感じる
  • 費用を抑えるにはどうしたらよいか知りたい
我々の手続きが選ばれる理由

我々の手続きが選ばれる理由

スタッフの写真
  • 1相談は何度でも無料
  • 2各手数料の根拠をしっかりご説明
  • 3ご自身で問合せた業者の見積に
    疑問がある場合のご相談もOK
  • 4相続不動産売却に精通しているから、
    トータルで安くなる方法をご提案
  • 5費用のお見積を事前に提示するから安心

ご依頼の流れ

STEP
1

お問合せ

お電話やメールでお問合せください。
ご相談の予約や
簡単なご質問にお答えします。

STEP
2

無料相談と
お見積り

丁寧にお話しをお伺いいたします。
お見積りも提示させて
いただいております。

STEP
3

ご依頼

十分に納得されてからご依頼下さい。
着手金は不要です。
(ただし事案による)

STEP
4

お手続き

必要書類の取得から重要書類の作成
司法書士ヤマトに
全てお任せください。

STEP
5

事件完了~
お引渡し

完了書類の取得~検査~お引渡し
登記申請完了後の
お手続きも全てお任せ

STEP
6

残金の
お支払い

お振込み又は現金でお支払い下さい。
※お引きし前になる場合もございます。

お問い合わせ

まずは無料相談へ。
お気軽にお問合せください。

06-6442-1058

年中無休で全力対応 9:00-20:00

メールでの
お問い合わせはこちら